【溢れ出る潜思】どうき

最近歳のせいか階段を上がるとすぐ息切れがして救心が必要ですな…

ではなく動機ですよ動機。

今回関東に行き益子の作品展に寄り、お友達が購入した器繋がりで翌日とある珈琲豆のお店に伺いました。

ご夫婦が自宅を改装して営業されている珈琲豆販売のお店。

店主のコーヒーへのこだわりと目的にたいそう共感し、自信を持っておすすめする通りの味にさらに感動しました。

コーヒー好きが高じ、脱サラし珈琲豆販売を開いたのはこの素晴らしい豆をたくさんの人に知って欲しいという思いが何よりも強いという所。

対象違うが自分と同じような思いで取り組まれてる方々を見つけた感がして嬉しかったです。

お金儲けがしたいからなにかしよう、

ではなく

これが大好きでこの楽しさをたくさんの人に知って欲しい、

という気持ちが1番自分も楽しいし興味を持ってくださった方も巻き込んで楽しく出来るのではないかなぁと思います。

千田さんの器に出会わないと一生出会うこともなかっただろうことに御縁を感じます。

私は珈琲を上手く淹れることが出来ない、美味しくない、とおもってお家では一切飲まなかったのですがこちらで購入の酸味雑味のないコーヒー

が本当に美味しかったのでその日から毎日飲んでいます。

私も納得していただける自信やそれに見合った作品をこれからも作り続けていきたいなと改めて思わせてくれる出来事でした。

東京レッスンの後はトーハクへ

東京都博物館で開催されている「仁和寺と御室派の仏たち?」だったかしらタイトル、

うろ覚えですが行ってまいりました。

私の家が真言宗御室派なのでお勉強にもなるかと興味津々。

あまり宗教云々は興味なく仏像の造形に心惹かれています。とはいっても小学校の卒業文集に将来の夢「お坊さん」と書いた事実は隠せません。

なかなかそこら辺は曖昧ですが美しいもの見たい欲というのが常にある感じです。

さてこの日も美しい仏様たちに囲まれたことと前日の徹夜のせいもあり

展示場中央の椅子に腰掛け、目を閉じるといつの間にかしばらく眠ってしまった様です。

ほかの来場者からは「変な瞑想おばさん」という目で見られてたかも知れません(*>ω<*)

埼玉 春日部 細井

念願の念願の細井さんの和菓子

食べログでさいたま1位の看板が出ていないお店っていったいどんなお店なのだろうかと興味津々でしたが、普通の家に営業中との旗1本。

しかしひっきりなしにお客さんがやってくる。なかなか謎のお店でしたが一口いただいて疑問は飛んでいきました。

豆大福は京都 出町ふたば最強と思っていましたがこちらも負けず劣らず、というよりも路線が違う。

こちらはこちらで最強だわ、と漠然とした確信を得ました。

餡が上品で上品で。口に広がる香りが別格でした。

芋金つばも薄ーいかわの中の濃厚なお芋。幸せなきもちが広がります。

どら焼きもキメ細やかなどら皮と大福とはまた違った上品な餡がぎっしりと。

季節で少しずつ変わる和菓子、またぜひいただきたいです♥

上野のキィニョン

久しぶりにいただきましたがやはり上野のキィニョンのスコーンは美味しい♥

イギリスの正統派のスコーンとはまた違った食感

パン屋さんが作るやさしいスコーンです。

中身が脱力系といった感じでしょうか。

最近上野に立ち寄ることが少なかったので久しぶりにいただけて嬉しかった。ぁーそうそう!この味。

いちごサンド

リクエストがあり作ってみました。

シンプルな割に何この美味しさ!とびっくり。

サンドイッチパンに生クリームといちごだけなのにーマリアージュ最高♡

インスタグラムにアップしたらいとこが「この皿ー!」と指摘あり。目線がそこで面白かった。

形見分けじゃないけど一族にあのお皿が行き渡ってる(бвб)

美術展作品展今年の予定

さてさて今年も楽しみな展示鑑賞、

行きたいところはリストアップしました。

関東はピンポイントでしか行けないのに行きたいところがいっぱいで…:(;゙゚’ω゚’):

世田谷美術館のボストン美術館パリジェンヌ展

出光美術館の色絵JAPAN cute!

〇汐留ミュージアムのヘレンド展

国立新美術館のルーブル美術館展

三菱一号館美術館のショーメ

は都合が付けば、ということで保留。

かなり絞りました。

東京都美術館のブリューゲル展

〇東京国立博物館の仁和寺と御室派

〇国立新美術館のシャドーボックス展

国立新美術館のビュールレコレクション

上野の森美術館のエッシャー

国立西洋美術館のルーベンス展

仁和寺と御室派がこの中では最大の楽しみ。

巡回で関西に来るのは関西で楽しみます。

京都国立近代美術館のゴッホ展

東洋陶磁美術館のセーヴル展

兵庫県立美術館のプラド美術館展

国立国際美術館のプーシキン美術館展

あべのハルカス美術館 東郷青児展

大阪市立美術館の鳥羽絵

大阪市立美術館のフェルメール展

興味があればご一緒しましょう♡

今年は再び国立国際美術館の友の会に入ろうかと考えています。

国立国際美術館は京都国立近代美術館と奈良国立美術館の特別展が無料です。

京都のゴッホ展は自身あまり好みではなくどうしようかなと考えてましたが「森村泰昌、ゴッホの部屋に訪れる」が関連展としてあるのでこれは楽しめる!と。

自分にペイントして作品の中に溶け込まれるんですよね。ほんと面白い。

国立国際はプーシキン美術館展が来ますがあと一つ大きいのが来るんじゃないのー?と期待してます

奈良国立は横山大観と藤田嗣治、これはタイミングがあったら行こうかな。でも奈良に行くとついつい東大寺や仏像館やら阿修羅に会いに行ってしまいます。

またプラド美術館展などはみなさんとワイワイ行っても楽しいですね。

なーんて展示の予定をずらりと並べてみましたが!!

前置き長かったです!

APJ パスマントリージャポン協会も5月11~13日

東京にて作品展の開催を予定しております♥

また詳細などは追ってご連絡致しますが

今年の展示の楽しみの一つに入れておいてください!

レンブラントの光と影

今日のクレパス教室では先生がレンブラントの光と影のお話を。

レンブラントの作品ってどんより暗い雰囲気であんまり自身は好みではなかったのですが描き方のお話を伺うと伝統的であり且つとても大変な作業だったのだと感心するばかりでした。

今度からはそのような視点で観ることが出来るかな。

レンブラントならどう描くかと考えつつ描いたりんご、なかなか手強かったです。光と影、水彩とクレパスはじきをいかす組み合わせ。

綺麗に描くのが目的ではなく技法を学ぶためなのでりんごばかりが増えてきていますがさて私のみになるものは一体どれなのか…