【さいたま宮代町】イルピロノーロのお菓子

お気に入りのシチリア料理店が開いたパン屋さん。

新しい村で販売してるのを知り早速伺いました♥

写真にあるいちごのクロスタータとパンナコッタとその場でピザを焼いていただいて♥

予想通りとても美味しかったです。

パンナコッタはゼラチンを使わず卵白で。なるほどのコクでした。

最初新しい村って!?!?と思っていましたが企業が運営する道の駅のようなものだなぁと自身で理解。

その土地を盛り上げていくためにたくさんの人の協力でなりたってるような印象でした。

しかしこんなナチュラルなスペースの隣で定期的に悲鳴が……!!

東武動物公園にある木製ジェットコースターから聞こえる叫びでした。

キャンパス?探索

「〇〇大学→」という看板が立っていたものの、

学生だけでなく一般の出入りもあったので雰囲気に惹かれ少し探索。

中はとてもレトロで吹抜などもあり、関学のような趣き。

花水木や八重桜も葉と共に美しく。とても素敵な空間に身を置くことが出来ました。

よくよく調べてみると市の施設でしたが(^ω^;);););)

大学の看板は「コチラ方向」という意味だったようです

【東京 八王子】数年ぶりにラーメンなど

ラーメンってハードルが高いイメージがあり、

ラーメン自体数年ぶりにいただきました。

目の前の満面の笑み失礼いたしました

チャーシューメンが名物らしいのでお願いしましたが半端なく本気の厚切りチャーシューでした。すっごく美味しかった。

白く刻んだものはなんと玉ねぎです。

八王子ラーメンの特徴らしいです。なるほど。

まだまだ知らないものや事が沢山ありますね。

美味しかったです♡♡

【東京銀座】銀座やまう 漬物カフェ♥穴場でした

レッスン後に甘味♥ということで文明堂カフェに伺いましたが超満員。

すぐ側のお漬物カフェに向かいました。

1階が漬物の販売のみなのでカフェと気づく人は少ないのかしら。超穴場でした♥静かで綺麗。

メニューが全て「〇〇とお漬物」なので💦

クリームあんみつとお漬物をオーダー。

お漬物ならビールでしょ、とびーるをのまれるかたもいらっしゃり、

美味しくいただきました。おしゃべりも楽しくて♥

一緒に添えられたお漬物で白桃のピクルスが衝撃的でした。

お漬物なんですがももなんです!(当たり前)

まだ若く青いもものお漬物と予想されますが口に入れた時は細酸っぱいピクルス、残香がももでした不思議不思議♥

今年は桜をたくさん愛でることが出来ました♡

今年は綺麗な桜が咲きましたね。←裏の池の桜基準。

寒かったり暑かったりで残念な年もあるんですよねー。その中でも今年はかなり綺麗なほうかとおもいました。←裏の池の桜基準

そしてその裏の池の桜。

綺麗綺麗♥

今年はお向かいさんがおうち建築の為、車や重機、騒音で工事期間はレッスンもお休みして私も外に出ておりました。

そしてこの日はふと思い立ち、おひとり様夜桜へ♡

本気カメラの方多くて、スマホだけで行ったことに少し後悔。

でもモデル?がいいのでとても美しく撮影できました♡

夜間は仏様たちはお休みかなと思っていたところ。お迎えいただき幸せ。心満たされました。

京都1のイケメン仏像ともゆっくりすごしたいので日中また改めて伺います(下心)

【溢れ出る潜思】自分への言い聞かせ。こじつけとも言う。

「何事も日々の積み重ねが大切」

百も承知だし、実行しようとは思っている。

モチベーションが途切れそうな時の必殺技。

「これは日々の積み重ねがあったからこそのことだ」

と自身が感動した時一緒にセットとして思い直すことにしている。

今回は作業用BGM探しにiTunesの聴き放題の中身をごそごそと検索した時のこと。

20年ほど前にお熱をあげていた某ビジュアル系バンドが昨年同じ曲をアルバムとして出していたわけです。何気に普通の懐メロとして聴いてびっくり!

これ他人?誰が歌っているのかもう1度調べ直したくらいに奥行きと年輪が声に刻まれていたわけです。年を重ねて出にくくなる、なんてパターンをたくさん見てきたのに、あの時よりさらに素敵になるなんて。

これは日々の積み重ねの結果。

私も頑張らねばなー。

なんて結論に今回も無事着地。パチパチ。

【珍しく疲労困憊】庭監査

横になるのは3回目、まだまだ疲れが取れない。

数日前より下準備+朝5時から17時まで、昨晩は2時間しか寝る時間がなかった。

半年ぶりの庭監査である。

草むしり、木を切る(枝ではない)、耕す、畝を作り植える

今日はお寺さんのお参りまで。

肉体労働は大変だけど得るものもある。

カメちゃんとかもちゃんの優雅な日光浴に出会った。とても癒された。

でも延期、延期を重ねるのはなぜか。

やはりこのように疲労困憊になっちゃうからである。

よしと思ってやってもらってることは痛いほど伝わっているので私は喜んで重労働する。何事にも無駄な事はないと切に思う。

【クレパス画】卒業制作は

玉砕しました!

全てクレパスでやろうと欲張ったのが敗因。

描けないものはコラージュの手を借りるという手もあったなと。

先生の講評では

葉の質感を出そうと手をかけ、タッセルの質感を出そうと手をかけ、時間切れ感があると。

そしてどちらかに力を入れたら他をぼかすということも大事。

全体的に力を入れすぎてかえってぼやけてしまっている感じが否めませんでした。

卒業制作はコケましたが

来月から新たに先生の講座がはじまります。

4月5月は都合が合わないのですが6月から再び参加する予定。

クリムトやピエールボナールなどの描写を学びながらの制作、楽しみすぎてワクワクです。

いわゆる下手の横好きってやつですがわくわくする気持ちは大切にしたい。

玉砕作品はまだ写真が撮れてないので後ほど。