【クレパス画】フォトモンタージュ

クレパス技法の講座はフォトモンタージュ。先生が課題を決め、技法を教えてくれるのはこれで最後、次回からは今までの技法を活かした製作がはじまります。

全く予習のないままモンタージュの製作に取り掛かりました。写真資料を持参とのことだったので(雑誌)前回のコラージュでも大活躍したマダムフィガロを。

今月号はドルチェ&ガッバーナのファッションがお花いっぱいの華やかな作品が多く、それを主に使用してみました。

先生のご助言を多数いただきましたがお色目は自分の好みに走りました。

女性らしい作品であると評価いただき嬉しかったです。

帰宅し、フォトモンタージュを検索してみると作品がたくさんあり、なかなか面白くかんじました。私、興味あるかも。

【ハンドメイド】カバンを作って来ましたよ(*′ω`)b゛こだわりについて

縫わないバッグ♡

50センチ1万円もするジェーンチャーチルのお生地をふんだんに使わせていただき、一目惚れの藤紫の生地とあわせて完成♡

カシメ恐怖症の私。きらきらカシメの存在を知り即決でつけました。サイドのカシメはフリンジで隠して完璧に。超お気に入りバッグに昇格♡

「こうでないといけない、妥協は許さない」というこだわりが殆どない私。そのような人を見て「すごいなー」と思うことがよくあります。

しかし

「これだけはほんと駄目かもしれない」というのがいくつかあることに最近気づきました。

カシメ以外でなんだったかな、もう忘れたけど。(そんな程度です(;^ω^)

マザームーンカフェ神戸国際会館

神戸三宮タッセルレッスンの後あまりにも腹ペコだったのでミーティングも兼ねてマザームーンカフェに連れて行ってもらいました。

作品展のこと、頭の中でいろいろ思っているだけでなく話すことで整理できてくるのでありがたいです。楽しい方向に進んでいきますように。

エビのクリームソースパスタ美味しかった♡

コラージュ

ゃー初めて褒めて貰えたかも。とても嬉しい。

今回の課題はピカソたちが始めたコラージュ。

まず芸術なので工芸とは全く別物であるということ。それを聞いた時にわたしは今やってることとは全く別の世界であるということを認識した。

点と面と線を意識しながら無彩色有彩色、文字などは丸出しにならないよう貼っていきクレパスで加工を重ねていく。ただ塗るだけではない。炙る、のばす、ひっかく。

毎度のことながら途中でわけがわからなくなってくるけれど先生のアドバイスをいただきながら何とかすすめていく。

ささやかな私のこだわりでコラージュはCHANELやDiorなどのツイードや衣類、ヴァンクリのジュエリーの質感を生かして組みあわせて。やはりお家に飾ることを考えると心がわくわくするものをと♥あ、あと仏像も潜んでたり笑。

つくり進めていくと正解が本当にわからない。手探り状態。正解って無いんだろうな。と思いつつ、先生にひと手間をかけてもらうとハッとする作品に成る。やっぱり正解の方向というものがあるのかもしれない。

先生からは最初から迷いがなかった、というところ。あと色遣いを評価いただいた。

これからもない頭を絞って集中できる時間を大切に楽しんでいこう。

東京レッスンの後はトーハクへ

東京都博物館で開催されている「仁和寺と御室派の仏たち?」だったかしらタイトル、

うろ覚えですが行ってまいりました。

私の家が真言宗御室派なのでお勉強にもなるかと興味津々。

あまり宗教云々は興味なく仏像の造形に心惹かれています。とはいっても小学校の卒業文集に将来の夢「お坊さん」と書いた事実は隠せません。

なかなかそこら辺は曖昧ですが美しいもの見たい欲というのが常にある感じです。

さてこの日も美しい仏様たちに囲まれたことと前日の徹夜のせいもあり

展示場中央の椅子に腰掛け、目を閉じるといつの間にかしばらく眠ってしまった様です。

ほかの来場者からは「変な瞑想おばさん」という目で見られてたかも知れません(*>ω<*)

埼玉 春日部 細井

念願の念願の細井さんの和菓子

食べログでさいたま1位の看板が出ていないお店っていったいどんなお店なのだろうかと興味津々でしたが、普通の家に営業中との旗1本。

しかしひっきりなしにお客さんがやってくる。なかなか謎のお店でしたが一口いただいて疑問は飛んでいきました。

豆大福は京都 出町ふたば最強と思っていましたがこちらも負けず劣らず、というよりも路線が違う。

こちらはこちらで最強だわ、と漠然とした確信を得ました。

餡が上品で上品で。口に広がる香りが別格でした。

芋金つばも薄ーいかわの中の濃厚なお芋。幸せなきもちが広がります。

どら焼きもキメ細やかなどら皮と大福とはまた違った上品な餡がぎっしりと。

季節で少しずつ変わる和菓子、またぜひいただきたいです♥